阿曽さん「無職の男がみかん泥棒」の台本書き起こし

ピン芸人:阿曽さん
大川興業所属
活動時期:1997年~
旧芸名:阿曽山大噴火
本名:阿曽 道昭(あそ みちあき)

阿曽さん「無職の男がみかん泥棒」
エンタの神様(2018年9月15日放送)

阿曽さん「無職の男がみかん泥棒」

通勤定期で裁判所に通ってる阿曽さんです。
ってことで実際にあった裁判の話をしたいと思います。
被告人はこちら68歳の住居不定無職の男性です。
で罪名が窃盗。
被告人何をやったか事件の内容ですけども。
被告人はまぁ今何かと話題の東京は築地に行きまして
段ボールに入ったみかん2箱を盗んだというみかん泥棒の事件なんですね。
こっから裁判です弁護人が被告人に対して質問したんです。
「みかんを盗んだ理由は何ですか?」。
聞いたんですそしたら被告人の答えが
「仲間がみかんを食べたいっていうので盗みました」。
自分のために盗んだんじゃないと仲間のためだって言うんですね。
被告人は住居不定ですから
ホームレス仲間がいるのかなって想像つくわけですよ。
弁護人もこれ以上深く質問せずに終わったんです。
次検察官からの質問です。
検察官の第一声が
「仲間って誰?」。
ものすごい気になってたんでしょうね。
これ聞かなくても分かるじゃないかと思ったんですけども
「仲間って誰?」に対して被告人の答えが
「釣りの仲間です」ホントに誰なんだ?
どっから出て来たんだ?ってことですけども。
被告人は実際10年くらい仕事もしないで
ずっと釣りばっかりやってたらしいんですね。
その仲間に配りたかったということらしいんです。
最後裁判官からの質問です裁判官が…。
みかんっていろんなお店に置いてあるじゃないですか。
「何で築地行ったんですか?」。
確かに気になりますよねそしたら被告人の答えが
実は昔築地で働いてたんです。
なので知り合いにみかんをもらおうと思って
築地に行ったんです。
ただ行ったんだけど知り合いがいなかったので段ボールごと盗んだということらしいんですね。
そしたらそれを聞いた裁判官が急に怒りだしまして。
いやみかんもらうんだったらいいんですけどあなた実際盗んでるじゃないですか。
しかもあなたが取ったのは有田みかんだから結構いいやつでしょ。
どこに怒ってるんだ?
怒りのポイントが主婦目線ですよね。
ホントに庶民派の裁判官ですけども…。
さらに裁判官は続けて言ったんですね。
「あなたそれはいいですけども毎日毎日釣りだけの生活ですか…それって」って言いだしたんです。
裁判官というのは毎日ふらふらふらふらしてる被告人に対して非常に厳しいことを言うんですよね。
この後どんな説教が続くのかなと思って聞いてたんです。
「毎日釣りだけの生活ですか…それって海釣り?」それを今聞いてどうするんだっていうね。
世の中にはどうでもいいことを質問する裁判官もいるんだなっていうお話でしたどうもありがとうございました。

阿曽さんの動画

阿曽さんの動画やグッズ

コメント