バカリズムのコント「女神のよだれ」の台本書き起こし

ピン芸人:バカリズム
マセキ芸能社所属
活動時期:1995年~
本名:升野 英知(ますの ひでとも)
元メンバー:松下 敏宏(まつした としひろ)

バカリズムのコント「女神のよだれ」
ドリーム東西ネタ合戦より

バカリズム「女神のよだれ」

こんばんはバカリズムです
今回はこういうことをやってみたいと思います。こちら
「岐阜県の事を一切調べずに想像だけで紹介してみる」はい
したがってこれから紹介する岐阜県はですね
岐阜県のことを全く知らない僕が岐阜県のことを一切調べずに100%勝手な想像だけでつくりあげた岐阜県です
出てくる地名人名商品名イラスト全て僕の想像からつくられたものです
事実に基づいたものは一つもございません
何から何まで100%僕の想像上の岐阜県です
よろしいですかくれぐれもご注意ください
もう二度と言いませんからね100%僕の想像です
それではまいりましょうさあ皆さん
まず岐阜県の場所なんですけどもご存じでしょうかこちらご覧ください
はい日本列島がありましたら岐阜県はこちらですね
この辺に大体位置してますね
大体新潟の下あたりですかね
さあそして岐阜県の県民性なんですけども
岐阜県民は、はい
「派手好きでせっかち」と言われていて
そんなせっかちな県民性からですね。はい
「岐阜の女は早炊き女房赤子泣いたら蓋開ける」とうたわれているほどです
他にもですね派手好みな岐阜県のホステスさんの間ではですね
名古屋の名古屋巻きありますけどあれと同じような感じでこちら
「岐阜バック」というものがね流行しております
岐阜の繁華街なんかに行くとこういう女性がたくさん歩いていますね
さあ続いて岐阜県のですね観光名所ご紹介しましょう
岐阜県の観光名所といえばこちら
「丸山鳩パーク」ですねうん
ここにはですね8万匹もの鳩が放し飼いになっていまして
ふれあい広場ではこちら
はいこのように鳩と自由にふれあうことができます
鳩触り放題ですね
笑ってますねええ
楽しい鳩パークでございます
さあ続いて岐阜県の名産見てみましょう
岐阜県の名産といえばやはりこちら
まっ「ごま油」でしょうね
岐阜県産のごま油は上質で口当たりがよく別名、はい「女神のよだれ」といわれています
ちなみにですね岐阜県のサービスエリアなんかに行くと、はい
「ごま油ソフト」が売られています
僕のオススメはこちら
「ごま油とチョコミントのミックス」ですね
チョコの甘みとごま油の油っぽさが絶妙にマッチしたソフトクリームです
ぜひ食べてみてください
ちなみにですねJR新岐阜駅で売られている人気の駅弁がこちら
「あぶらびたし」ですね
「女神のよだれ」を惜しみなく使ったこの贅沢な弁当
通はねこの上から追い油をして食べるといわれております
さあ続いて岐阜県のお祭りをご紹介しましょう
岐阜県のお祭りといえば毎年3月3日に行われるこちら
「大ひな祭り」はい
通称はい「喧嘩雛」ですね
各町内会でつくったこちら「雛みこし」ですね
それぞれ地域の男達がカツラをかぶって乗りましてそれをみんなで担ぎます
そしてひととおり町なかを回ったあとそれぞれが神社に集まってきます
ここ一番盛り上がるところなんですよね
さあそしてそこから神主さんの合図で一斉に雛みこしを、はい
ぶつけ合います
ねえすごいですよねもうこの辺は相当危険ですね
でもこの方はねベテランの方なんですよね
やっぱ落ち方っていうのがすごいありましてね
これ絶対ケガしない落ち方なんですよね
はい最終的に生き残った雛みこしがその年の一番雛となります
そして喧嘩雛が終わると全員参加賞としてこちら
巨大ひなあられがもらえますね
ただこの巨大ひなあられ絶対に食べてはいけません
それぞれ家の最年長者がですねこの巨大ひなあられを、はい
頭にくくりつけ一晩過ごさなければいけません
こうすることでその年1年風邪をひかずに過ごすことができるといわれております
逆にこうしないと悪魔に呪い殺されるといわれています
はいということでいかがだったでしょうか
鳩とごま油の町岐阜県に皆さんもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか
ちなみに今日のことはくれぐれも岐阜県民には内緒にしておいてください以上です

コメント