博多華丸・大吉の漫才「東京の人になりんしゃった」の台本書き起こし

お笑いコンビ:博多華丸・大吉
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
1990年結成
ボケ担当:博多華丸(はかた はなまる)
ツッコミ担当:博多大吉(はかた だいきち)

博多華丸・大吉の漫才「東京の人になりんしゃった」
THE MANZAI2018より

博多華丸・大吉「東京の人になりんしゃった」

セリフ左:博多大吉
セリフ右:博多華丸

どうもどうもよろしくお願いします。
華丸・大吉と申します。よろしくお願いします。
ちょっとご報告があるんですけど。
何でしょうか?
イカが取れないらしい。
イカ?
いや昨年ほどではないんですがことしも以前に比べたらホントにイカが取れないらしい。
ニュース見たニュース見た。
見ました?
最近は何かねでもホントの話なんですよ。
地球温暖化とか乱獲の影響で日本の海からイカが姿を消してる。
そういう話は聞いたことある。
えっ今日の漫才のテーマイカ?
そうです。時事ネタです。
いやいや話…。
時事ネタにしては期間長いし話広がる?これ。
軽く考えてますけど常識変わってくるからね。
これイカがなくなると。
常識変わる?何が変わる?
例えば八代亜紀さんの『舟唄』も変わってきますよ。
『舟唄』?歌詞あれよね「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴はあぶったイカでいい」
そこたい!
どこ?
「イカでいい」?失礼な!
はい。
そんな下にイカを見てる時代は終わりましたから。
ですねですね。
イカが取れないんだよ。
イカでいい?何…?
イカがいい。
いや…。
せめてせめてそう歌っていただきたい!
分かった分かった落ち着いて落ち着いて。
じゃあこれからの『舟唄』は「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴はあぶったイカがいい」になるってことね。
今のところはね。
今のところは?
何せ取れないからイカが。
まだまだ取れなくなるの?
そう。
じゃあどうやって変わっていくの?
だからやっぱりもう一回大将にやっぱり入荷してるか聞くべきでしょうね歌の中で。
歌の中で?
はい。
えっじゃあ「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴は大将今日イカ入ってますか?」になるでしょうな。
いやいやなるでしょうなじゃない語呂悪いし。
語呂悪いけど。
語呂が悪いからそこはもうイチかバチか「イカがいい」って言った方がよくない?
でもなかったらどうすんの?
なかったらなかったで別の何かおつまみ頼めば済む話。
えっそれで平気なん?
だってないもんはない。
ないならない?あるもんでいい?
いいですよ。
あぁ!この人は東京の人になりんしゃったー!
やめてよその言い方するの。
何なん?イカ好きやったやん!
だからそこはないならないで我慢するのが大人じゃないの?
あると思ってないのに俺耐えられんのよ。
何なの?その言い方。
お弁当食べてるときでもあるでしょそういうことが。
お弁当食べてるときにあると思ってないなんて俺ないもん。
何でね?
例えば白身のフライの揚げ物があるやん。
お弁当の結構メーンのおかずばい。
メーンでしょう。
それを口にして。
あっ白身のフライじゃない!
何?
サケ!
対応できる?
フフフ…。
いや白身のフライと思ってたから。
サケは…サケはいかん!
そら言うといてもらわな!
あるあるある。
もう喉通らんもんご飯。
たまにあるよこれ白身じゃなくてサケだったっていうときあるけどそれはそれで「これはサケフライだったんだ」で済む話やし
あれやったらよく見たらサケフライって回りがちょっと赤いから「あれ?こいつ白身のふりしてるけど実はサケなんじゃね?」って思いながら私なんか食べてるから。
そんな冷静沈着なあなたと私を一緒にしないでください。
私はもっと真摯に白身のフライと向き合ってますから。
猪突猛進!いちず!
はいはい。
何せ白身のフライが好きだからー!
何の物まね?何で平成の終わりにチャン・ドンゴンやるの?
そもそももうサケをさフライにする概念がないの!
サケは塩焼きやろ?
それはあなたの個人の好みだから。
分かったじゃあ受け入れる。
これからの『舟唄』は「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴は大将今日イカありますか?」になるってことね。
今のところはね。
何せ取れんからイカが。
まだまだ取れないの?
そら将来的にはねイカがもう幻の魚みたいになってもうお店にイカがあるはずもないみたいな時代になったときに
あなた普通にがらがらと入って軽ーくアホみたいな顔して「大将イカありますか?」
そんな空気の読めない世間知らずになってほしくない!
ならんよ。そういう時代なら違う言い方するよ。
そら変わりますよそらもうね。
じゃあどうなるのさ?「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴は大将イカなんてものは…」
「皆まで言わないでくださいあるわけがない!」
「あったらあったで黒板に書きますよねイカありますって」
「そらそうです!何ならお店にのぼり立てます」
「愚問でございました」になるでしょうね。
分かった分かったじゃあ…。
分かった?分かっとう!?
分かっとうよもううるさいな。これからの『舟唄』は「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴なんですけど大将まさか今日イカなんて…」
「あぁもう皆まで言うなないですよね」
「そんなもんあるわけありませんあったら黒板に書きますもんね」
「あれやったら店にのぼり立てますもん愚問でした」
…になるってことですか?
今のところはね。
えぇー華丸さんこの話まだ続くの?
何せ取れないからイカが。
華丸さん考えてみ?取れるよ。
日本の漁師さんいっぱい頑張ってるからどっかからイカ捕まえてくるから。
だからやっぱり歩み寄りが必要ですよねこの歌詞歌にもね。
歩み寄り?
ここは「大将のお任せでいい」っていう。
でもそっちの方が歌の世界観に合ってんじゃないの?
何せあれなじみの店という設定だから。
あぁなるほどなるほどじゃあ「お酒はぬるめの燗がいい」
「肴は大将のお任せでいい」
うんいいじゃないいいじゃない。
大将ちなみにお任せって何ですか?
季節の天ぷら!ほう!
ちなみにラインアップ教えていただけますか?
エビ入るでしょうねエビは。
それから?キスなるほどまぁいいでしょう。
それから?アスパラほう。
そんな長いんですか。
…を塩であっ!
と?と?
シイタケシイタケ…。
と?と?
ナス?ナス!
「しみじみ飲めば」
いや歌の中盤どこ行ったんか。
どうもありがとうございました。

博多華丸・大吉の動画

博多華丸・大吉の動画やグッズを楽天で

コメント