小柳ルミ子へのイッテンモノ漫才「小宮と渚」の台本書き起こし

イッテンモノ:小宮と渚
小宮浩信(三四郎)
鹿島渚(尼神インター)

小柳ルミ子へのイッテンモノ漫才「小宮と渚」
イッテンモノ 2018年4月22日放送

三四郎 小宮と尼神インター 渚

セリフ左:小宮浩信
セリフ右:鹿島渚(

はいどうも!お願いしまーす!
お願いします。
いやいや…こっちだろお前。
なんでこっち立ってるの?
いやいや知らないんで。
いやいや普段の立ち位置どっちなの?
普段こっちです。
じゃあいいよスッと行けよ!
俺こっちだと思うじゃん。
いやいや…合わせたんですよ。
いいんだよ。
喧々喧々一番最初から言わなくて。
あのねあれだよ。『セイシュンの食卓』?
うろ覚えじゃねえかよお前!
『セイシュンの食卓』…。
ちゃんと覚えろっつっただろお前!
わかれへんから!
「わかれへんから」って失礼だろ。
『セイシュンの食卓』を覚えられへんかったらアンタが言ったらいいでしょ!
『セイシュンの食卓』。言ったよ。
『セイシュンの食卓』もね…。
なんの時間だよ!今のは。
『セイシュンの食卓』もなんか変やったでしょ?あれ。
まあ…まあね。いや踊りうまく出来ただろお前。
いや出来てなかったですよ。
出来たよ。
こうやってやってたからちゃんと。
溺れてるヤツやん。
溺れてたらこうだろ!
全然劇的に違えんだよ。
細かいから。
細かいのはお前だろ!
「溺れてるヤツこうだろ」とかいらんねん。
いやこうやってやってこうやってやってるんだからそれでもたれかかるんだろ。
そしたらやれよこうやって。
えっ?
これが弱いんだよつかみが。
顔つかむんじゃないよ。
抱きかかえるんだよ!
だからこれで…。
なんで顔つかんでるんだよ!全然違うんだよさっきと。
細かいんですよ。
「細かい」って人間性的にはちゃんとしてるからね僕は。
そういう人私好きじゃないんですよ。
男としてモテませんよ。
モテるよ僕はメッシみたいに人間性が抜群なんだから。
そもそも心広くないでしょ。
全部細かいんですよ。
心広いよ。
心広いって言うんやったらシャネルのかばん買うてくださいよ。
おういいよ。全色買うからね。上から下まで買って…。
いいでしゅよ…。プレゼントします。
いやいや…。「いいでしゅよ」…なんなん?
いいでしょういいでしょう。買いますからねって言って7億円の豪邸にもねゆくゆくはね。
7億円の豪邸に住めるような顔もしてませんし。
めちゃくちゃ言うな。
俺誠子とが良かったよそしたらお前じゃなくて。
なんでそんな事言うんですか。今やってるのに。
1回謝ってくださいよ。
めちゃくちゃな理論だよ。
謝ってください。
「謝ってください」って…。
謝ってください。
謝って…ごめんなさい。それは言い過ぎたごめんなさい。
もっと頭下げろ。
怖っ!
お笑いのトーンじゃないから。言い方が。
「頭下げろ」じゃ…。ごめんなさいっつってんだよ。
ちゃんとや。
それ以上出来ない。
はよやれや!
ああっ…!
クリロネ!クリロネと一緒だ!
クリロナ!「ロナ」や!
もうええわ。帰らせてもらうわ。
帰らなく…お前帰るなよ。
なんや?
笑って見つめるなおい。
これ…ちゃう!これで終わるって言ってたやろ!
これで終わるって言ってたやろ!お前帰れって言ってたやん。
まだ達成感も手応えもなんもねえんだよ!
もういいよ。終わりでーす。ありがとうございました。
なんやねん!

コメント