プラス・マイナスの漫才「野球」の台本書き起こし

お笑いコンビ:プラス・マイナス
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
2002年結成
ボケ担当:兼光 タカシ(かねみつ たかし)
ツッコミ担当:岩橋 良昌(いわはし よしまさ)

プラス・マイナスの漫才「野球」
お笑い演芸館(2018年4月26日放送)より

プラス・マイナス「野球」

セリフ左:岩橋良昌
セリフ右:兼光タカシ

どうも~!
ありがとうございま~す!
ああどうもどうも。ああ~すごいですね。
あの15年やってまして漫才をね。15年意外と長いんですけどもね。
15年やってますとこう出てきた時にね今日のお客さんは知ってくれてはるなとかね
今日はあんまり知らないなとかね大体わかってくる芸歴になってきましたけどもね
今日のはね…今のは偽りでホンマは知らんのちゃうかな…。
そういう感じは…。
なんかスタッフが…気ぃ使って頂いたんかなと思いますけどもね。ありがとうございます。
プラス・マイナスというコンビでやってましてやっぱ知名度が気になりますのよ芸人っていうのはね。
そうなんですよ。だからちょっと聞いてみてもいいですか?
正直に…傷つかないんで答えて頂いても結構ですからね。
じゃあ僕たちプラス・マイナスの事をご存じだという人はですね足の指をグッと丸めて頂いて…。
フフフフッ。
冗談です。冗談言う仕事でございますのでね。
ありがとうございますね。
正直に手を挙げて頂いていいですか?手を…。
知らんやんか!
知らんのにあんだけ手たたいて喜んでワ~言うて。
びっくりしました。ねえ。覚えて帰ってください。
ありがとうございます。プラス・マイナスでございます。
よろしくお願い致しま~す。
いや~ようこそお越しくださいまして…。
ありがとうございます。ありがとうございます。
ホントにね。すいません。
ハハハハッ。
無口な相方で。ねえそうなんですよ。
郵便局の人ではないのでそれだけはちょっとお伝えしておきますけどね。ありがとうございますね。
プラス・マイナスですよ。
オール巨人師匠のモノマネやります。
オール巨人師匠?
オール阪神・巨人のオール巨人師匠かな?
出来んのかな?そんなんね。うん。出来んの?うん。
はいこんにちは。オール巨人です。
ああ似てますね。
器用なね相方で。
ありがとうございます。はい。
今回ね『お笑い演芸館』という事で…。
『演芸館』ですよ。はい。
お客さんパンパンやこれな。ハハハハッ!
いっぱい入ってる。ねえ。ありがとうございます。
ホントにね。
なあ阪神君。
ウエウエウエウエウエウエ…。
ウフフウフフフフ~ッ!
急に振るなお前は。
びっくりするからね。お願いしますよ。
でも器用な相方でね。
いえいえねえ。
うらやましいな思いますよ。
そういうモノマネがあるのが素晴らしいなと思ってね。
僕そういうねモノマネみたいな特技を探してるんですけどねなかなか持って生まれたもんですから見つからなくてねうらやましいな思ってるんですよ。
特技やったら他にあるやんか。
ないですないです。逆に教えてほしいぐらいですけどもね。
野球があるやんか。
野球はやってましたけど高校生の時ですからもう今はやってないんですよ。
あのね彼すごかったんですよ。
いやすごくない。すごくない。
言わなくていい。
高校の時にね野球部で4番バッターでねすごいホームラン打ってたんですよ。
これ公立高校でね甲子園も行った事ないんですよ。
言わなくていいよそれは。
バットのスイングをちょっと見せてよ。
絶対嫌です。恥かくの嫌だから。
いやすごかったやん。
なんでそんなん言うの?
嫌や。出来へんって…。
皆さんも見たいですよね?
見たいわけないやろそんなん。
最悪や。
拍手しはったわ。
全員ではないけども。
拍手もろたら芸人やるしかないから。
ほなあなた横で突っ立っててもあれですからなんか手伝ってくださいよ。
ほな球場の雰囲気作っときますわ。大したもんですよホンマに。
いけるかな?お願いします。
1番番番番番…センセンセンターターターター…サイサイサイサイトウトウトウトウ…。
背番番番号号号号…1111…。
2番番番番…ショーショーショートトトト…。
ちょっと待って。
マツイツイツイ…。
違う違う違う。
背番番番号号号…。
ちょっと待って。違う違う違う違う。
お前の方がすごいやないか。
何してんの?
いや手伝ってって言うからさ。
うますぎて邪魔なってんねんそれ。
いや俺なりに頑張ってやってるからさ。
ほな背番号んとこもう1回やってみいやそれやったら。
背番番番号号号…。
そこうますぎるやろお前。
臨場感がすごいから。
えっ?
もうやめて。
ほなどうしたらいいんですか?
俺高校野球やってたから甲子園の雰囲気をなんとなくやったらええの。
うまいのいらないんですよ。すいません。お願いします。
ア~ッ!
うまいな!
やめてって言うてんねん俺は。
ほな何をやったらいいん?
それやったら。
アルプススタンドの応援とかで甲子園っぽかったらなんでもええのよ。そのうまいのいらんって言うてるやん。何度も言わさないで。
見ておじいさんペーター。クララが立ったよ!
ワ~!
パニックや俺はお前。
それアルプススタンドじゃなくてアルプスのスタンドアップやアホお前。
普通の高校やってくれ頼むから。
ほな審判しますね。
審判でお願いします。
プレーボール!
後ろでやれや!
邪魔やなお前。
プレーボール!
ズバンストライク!
ズバンボール。ズバンストライク!
ズバンストライク!ズバンボール。ズバンストライク!
ズバンボール。ズバンボール。ズバン…。
試合が10分で終わるわお前。
普通のペースで来い普通のペースで。
プレーボール!ズバンズバン!
ボールとストライク!
ズバンズバン!ボールとボール。
いやちょっと待って。
2球ずつ投げてないか?
ピッチャーどうなってんの?
なあ。
フフフフッ。
お前野球の事もバカにしてるよな?ホンマに。
バカにはしてないです。
バカにしてるやんけ。
ほんなら歌します。
歌ってなんや?
野球関係ないでしょうが。
いやテーマソングがあるやんか。
「雲我らの光あふれてパンパパン」
「天たかく」
やろ?
いや知らんのちゃうん?
頼むぞ。
僕が好きやったんはこっちです。
「ロックマイソウルみんなで歌おう」
「ロックマイソウルみんなで歌おう」
「ロックマイソウルみんなで歌おう」
「オーロックマイソウル」
「高くて登れない低くてくぐれない」
「広くて回れないオーロックマイソウル」
1回も聴いた事ないわ!お前。
気持ち悪い歌歌うなアホお前。
夢出てくるわ『ロックマイソウル』が。二度と歌うなよ。
っていうか俺野球やった事ないからわからへんねんそんなもん。
ほなもう黙っといてくれや…。
好きなシーンがあって試合で勝ったチームが1列に並んで校歌歌うやんか。あれが大好きなんですよ。
「パ~パパ~パパパ~パ~パ~」
「義務教育を終えてから別に働いてもいいのだけれど」
「大体みんなが行くところ私立はお金が高いけど」
「トイレがウォシュレット」
「でも親の負担を考えて」
「なるべく公立行きましょう」
「ああ初めて食べた学食の」
「うどんが100円びっくらこいた」
「バイクの免許は取れるけど」
「バイクで通うと怒られる」
「ああ中学と大学の間に3年行くところ」
「高校高校」
「ああ高等学校」
ちょっと待ってください。違う違う違ういやいや…。
なんの拍手ですか?
なんの拍手が巻き起こってるんですか?
ちょっと1つ言わせてください。どこの高校やねんお前。
うどんが100円びっくらこいたって言うわけないやろお前は。
バカタレがよ。
校歌言うからやんだって。
なんやほなあれだけ最後やれや。ほな試合に負けて泣き崩れてる生徒。俺監督で慰めにくるから。
生徒で泣いとけ泣き崩れろ。それぐらいやれよお前。
ああ負けた!嫌や~!
俺の知ってんのとちょっと違うわお前。
代われ。お前が監督せえほんなら。
ああ~。
おい。
ああ~。
岩橋泣くな。
お前相撲部やろ。
野球部や!
もうええわ。
どうもありがとうございました。