堺すすむ「な~んでかフラメンコ」の台本書き起こし

ギター漫談家:堺すすむ
プロモーション・ススム所属
活動時期:1960年~
本名:堺 迪(さかい すすむ)

堺すすむ「な~んでかフラメンコ」
お笑い演芸館(2018年4月26日放送)より

堺すすむ「な~んでかフラメンコ」

オレ~!
オレ、オレ、オレ、オレ~!
あんた誰?俺。
しかし日本人って、よく走るね。
なんか毎週、どっかでなんか走ってるよね。
正月なると、ほとんど毎週走ってんじゃないの、どっかで。
だいぶ前ですけれどもね100メートルのチャンピオンウサイン・ボルトさんねあれにね、桂歌丸さんがね挑戦するってやった事あるんですよ。すごいでしょ。
「その代わりハンデちょうだいって」
ハンデもらったんですね。
歌丸さんのスタートはゴール手前、95メートル。
あと5メートルで100メートルいっちゃうんです。ゴールしちゃうんだ。
ウサイン・ボルトは100メートルの所がスタートラインね。
「2人で、よ~いドン」
「どっちが勝ったかな?」
考えてる?
考えてる?どっちが勝ったかな?どっち?
ウサイン・ボルト。
おお~、すごいじゃん。
あのね、これは参加する事が大事なのよ。
ただ、ボ~ッと見てないで。
そう、ウサイン・ボルト正解よね。
な~んでか。
わかんない。
ただ、言っただけ?ウサイン・ボルトで正解なのよ。
「な~んでか、それはね」
桂歌丸って漢字でしょ?
桂に歌丸って漢字で書くんでね。
ウサイン・ボルトの場合新聞見るとほとんどカタカナで書いてあるのね。
僕、さっきからずっと聞いてんの。
「ウサイン・ボルトと桂歌丸」
「どっちが勝ったかな?」
すいませんけどそのジワ~ッとわかるの、やめて。
この間がものすごくつらいの。
それはね、色んな人がいるからね楽しいですよ。
ある男がね…。
「梅の木の下で」
「彼女にプロポーズをしたら断られた」
「今度は、桜の木の下で彼女にプロポーズをしたら」
「愛を受け入れてくれた」
「な~んでか、それはね」
きが変わったから。
色んな人がいるからねネタには困らないね。
本当に色んな人いるよ。
頭で考えられないような人北海道にいた。
牧場にね、いたんですよ。
牛の乳搾ってるおじさんがいてねそのおじさん、牛の乳をポッと触るだけで今、何時って当てるんですよ。考えられないでしょう?
行ったの、その牧場まで。
あのおじさんだよって言うからそこ行ってね「おじさん、今、何時ですかね?」ったらね搾ってる牛の乳ね、ポイッて「12時15分だね」って言うんですよ。
見たら合ってるんですよこれがね。
すごいでしょう。
「な~んでか、それはね」
その搾ってる牛の乳ねポイと持ち上げるとね向こうの時計台が見えるんですよ。
あんなつらい事なかったね。
見えるなら見えるって言ってください。
行きませんよそんなものはね。
それは、面白い事いっぱいあります。
うちの近くのね、じいちゃんばあちゃんたちも、そうですよね。
今ね、旅行行くんですよじいさん、ばあさんたちがね。
その旅行も、知ってる?安い、近い、短期間ってやつ。
安い近い短期間。
安近短っていうんですこれね。安近短。
ばあさんたち楽しみに行くんですね。
安近短、今度の旅行、安近短。箱根よ、箱根。
箱根の温泉温泉垂れ流し、垂れ流し。
もう言ってる事が訳わからないでしょ。
ばあちゃん、それ掛け流しっつうんだよったらいいんだよ、なんだって流れてりゃとかって…。
あんたも行こ、行こって、僕も行ったの、一緒にね、すごいね。
85を過ぎるとね羞恥心ってなくなるんですかね。
ばあさんたち、すごいよ。
タオル肩にポ~ンとかけたままこうやって。
じいさん、お前も一緒に入れ。お前もとかって。
じいさんが恥ずかしそうに前隠してソ~ッと。
すごいよ。
お風呂に入る時もそう。ばあさんたちねみんな、飛び込むんですよ。
すごいでしょ、バアチャ~ン!
わかんない方、ゆっくりついてきてください。
で、お風呂、上がるでしょ。今度、カニ食べ放題ってやつね。
でもね、ここだけの話ですけど食べ放題のカニってほとんど身は入ってませんよ。
針金みたいな身が入ってるからねほじくり出すのが大変でねばあさんたち、みんな、もう足のまんまね、そのまんま殻のまま食べちゃうんですね。
バリバリ、バリバリバリバリ、バリバリ。
ばあさん歯が丈夫だねったらああ、虫歯なんか一本もないんだから。
すごいねったら全部、入れ歯だからって…。
すごいよ。
中には、甲羅食べようとしてるばあさんがいてねじいさんが恥ずかしそうにお前、やめろそんな恥ずかしい事ったらこれ、硬いな、これななんか野球場みたいだなったらじいさんが、なんでかったら甲羅食えん。
85過ぎてもばあさんたち、元気だよね。
大体、女性はね、元気なのね。年とっても元気。
なんでか?わかる?
女性の方がねよく笑うんですよ。
だから、体の中に元気があるのね。
だから、笑うから細胞が元気になるんです。
笑うと、人間、体にいいって言うけれどじゃあ、体の何にいいのかっていうのねちゃんと「笑いと健康学会」というところがね研究してね、発表したんです。
人間、笑うとどうなるか。
人間、笑うとストレスが消えるというデータが出たのね。
だから、女性の方がよく笑うからストレスが飛んじゃうんですよね。
そこいくと、男、笑わないね~。
男、なんで笑わないの?
さっきから笑い声、女性の声しか聞こえてこないじゃないの。
男も笑おう!
笑おう、負けてないで。って言っても男、笑ってもやっとこさ、鼻、フッ。
情けないね。
鼻にしか出ない。元気が残ってないからね。
でも、まだね、鼻に出るだけちょこっとだけ元気のある人まだいいよ。
鼻にも出ないただ肩が動くだけ。
だからね女性の方が元気なのね。
だから、元気なばあさん、じいさんいっぱいいたのにコマーシャル、ポスターになったのは、女性ね。
おばあちゃん、きんさんぎんさんじゃないですかね。
「だけど~」
「おばあさん、100超えた人いっぱいいたのに」
「きんさん、ぎんさんしか出てこなかった」
「な~んでか、それはね」
金と銀のあとはねどうでもよかったんですって。
ああ、そうなんや~。
笑って健康。今日は、どうもありがとう。
「な~んでかフラメンコ」
オレ~!
あと5分。
「ええ~」じゃないの。
ありがとうございました。