ゾフィーのコント「バカが書いた医療ドラマ白い病院」の台本書き起こし

スポンサーリンク
お笑いコンビ:ゾフィー
グレープカンパニー所属
2014年結成
ボケ担当:上田航平(うえだ こうへい)
ツッコミ担当:サイトウナオキ (本名:斉藤直樹)

ゾフィーのコント「バカが書いた医療ドラマ白い病院」
ネタパレより

ゾフィー「バカが書いた医療ドラマ白い病院」

セリフ左:上田航平
セリフ右:サイトウナオキ

バカが書いたドラマ。
このバカは経験も知識もないくせに何も下調べもせずニュアンスで脚本を書いて親のコネでドラマ化しました。
それでは早速ご覧ください。
バカが書いた医療ドラマ『白い病院』
これより緊急手術を始める。準備はいいな?
はい。
患者の状態は?
患者はタオカヒロシさん26歳男性。
高速道路で事故に遭い大ケガ。
心拍数8血圧5白血球7赤血球2です。
ビタミンは?
足りてません。
ミネラルは?
足りてません。
酸素は?
O2です。
こいつは厄介だな。
どうしますか?
それぞれだ。それぞれで何かしよう。
はい。
まず電源をニュートラルに入れろ。
お前はデトックス。
俺はアーバンリゾート。
そしてこのマイルがたまりしだいプライベートに踏み込む。
了解です。
何てこった。
どうしましたか?
見ろ。人間にとって大切な骨が2本折れてる。
何ですって!
こいつはまさに骨折り損のくたびれもうけだな!
はい!
よしレントゲンを撮ろう。
はい。
2枚いけるか?
3枚いけます。
やるじゃねえか。
メス。
汗。
あっ!この人元気出てきたみたいです。
よし。そろそろ麻酔を打とう。
ちょっと待ってください。
麻酔は危険です。
バカヤロー!いいか?
俺たち医者は神様なんかじゃない。
患者の命は俺たちしだいなんだよ。
そういう意味では俺たち医者は神様だ!
すいません!
そんな顔すんなよ。
こいつが不安がってるだろ。
一緒に笑顔で手術しよう。
はい!
『白い病院』第6話で打ち切り決定。
スポンサーリンク

コメント