テツandトモの「なんでだろう」の台本書き起こし

お笑いコンビ:テツandトモ
ニチエンプロダクション所属
1998年結成
赤ジャージ:テツ(中本 哲也 なかもと てつや)
青ジャージ:トモ(石澤 智幸 いしざわ ともゆき)

テツandトモの「なんでだろう」
お笑い演芸館(2018年5月31日放送)より

テツandトモ「なんでだろう」

セリフ左:テツ
セリフ右:トモ

どうもよろしくお願いしま~す!
どうも~。
イエ~イ!
わっわっわあ~!わっわっわっわっ…。
すいません。
まずは自己紹介の歌から聴いてくださ~い!
「私の名前は中本哲也」
「ちょっと面長いい男」
ヘヘヘッ。
「その」
「哲也の哲は哲学の哲」
「うちの両親は哲学者のようになれと」
「哲とつけました」
「だけど今はひたすら動くだけ」
どうもありがとう。
「そして今のライバルは…」
サンシャイン池崎。
いやいや…系統は似てるけども。
イエーイ!
動きが違~う!
「今日も元気に歌います」
「今日も元気に動きます」
「こんな僕たちテツandトモ」
「オ~オオオ~」
どうも~!
よろしくお願いします。
どうもありがとうございま~す!
ようこそいらっしゃいませ。どうも。
いや~ねえきれいな方からそうでない方まで…。
そんな事ない。
ねえありがとうございます。ようこそ。
やっとね我々もコンビを結成して丸20周年を迎えるという事になりましてねありがとうございます。
やってきました。ねえ20年なんですけどもねやっぱりね20年やってこれたのはトモのおかげだと思うんですよ。
何を言ってる…。
気持ち悪いね。
でまあ20年一区切りといいますかね2人のロマンですからね。
いやいや私の我慢ですからね。
なんだおい!
夫婦と同じどっちか我慢しなきゃいけないね。
まあそんなもんなんですかね。
じゃあ早速1曲…。
そんな入りですか?そんな入り?
なななななななな…。
なんでだろ~う!
「なんでだろう~なんでだろう~」
「なんでだなんでだろう~」
「オ~オオオオ~」
ありがとうございます。それでは聴いてください。
色んななんでだろう。
「飲み会でみんなで飲んでて…」
じゃあ俺先に帰っちゃおうかな…。
「って冗談で言ったのに誰にも引き止められない奴」
「なんでだろう」
「なんでだろう」
「一次会終わって…」
二次会やんの?
二次会ないみたい。
お疲れ。
「誘われない奴」
「なんでだろう」
「なんでだろう」
「かくれんぼしていて…」
じゃあ数えるよ。よし。
12345678910
あっこっち行ったよね。確実にこっちに行ったけど…。
こっち…あれ?こっち…いないな。
いやこっちいる…。こっちにはいないはずだよね。
あれ?あら?あら~。
「そのまま家に帰る奴なんでだろう」
「お母さんが授業参観日の時」
「変なパーマをかけてくるのはなんでだろう」
頑張って手え挙げなさい。頑張ってね。
「なんでだろう~なんでだろう~」
「なんでだなんでだろう~」
「オオオオオ~」
「なんでだろう」
フッハハハハッ!
すっげえ嫌な顔された。
露骨に嫌な顔された。
「なんでだろう」
もうやる前からこうやってやってるもん。
やだやだやってるもん。
「なんでだ」
「なんでだろう~」
「今年はいぬ年だから…」
まあワンって吠えるからじゃあわんさか動いてねっ。
今までよりも動いてみて。じゃあはい。
わんさか…わんさか動いて。
もっとガンガンババババッと。
ワンワン!わんさか動いて。ああいいね。
わんさか動けばワンランクアップだ。
ワンランクアップ。ワンランクアップ。
ああいいね。ああいいじゃないですか。
じゃあワンだから今度は腕力をつけてねっ。
腕力ああいいですね。ああいいじゃないですか。
すばらしいじゃないですか。腕力をつけて。
はい。拍手がくるまで終わりませんので。
ありがとうございます。申し訳ございません。
ありがとうございます。じゃあやっぱりワンダフルだねワンダフル。だからもうね…いいねいいね。
腰も振るだこれ。で顔も振る。
はい。振る振る振る振る。
ワンダフルでいいじゃない。ああありがとう。ありがとう。
どうだった?どうだった?
いやもうね心臓がドッグドッグ。
ゲッツ!
やめろ~!
「これは本当の話で」
「赤いジャージーのテツは」
「すぐ何かあごの上に載せようとするのは」
「なんでだろう」
拍手ありがとうございま~す!
載せるものがないでしょ。
載せるものないでしょ。
ないからじゃあ今日はこのギターを…。載せた事ないけど今まで。
ギター?
ちょっとマイクも付いてるけどね。
じゃあこれをちょっとお願い致します。
これ?
これお願いします。
いきなりだよお前。
じゃあいきましょう。
さあ見事あごの上にこのギター私が舞台でギターを持たないのも珍しいという事でございますがこのギターが見事あごの上に載りましたら大きな拍手をお願い致します。
ではお忙しい中今日見に来てくださった皆様の幸せと健康そして『お笑い演芸館』をご覧の皆様の幸せと健康を願いまして今日はこの僕たちが使っているギターをあごの上に載せてみたいと思います。
よいしょ~!
ジャカジャカジャ~ン!
さあ失敗しないでよ。いきますよ。
私失敗しかしないので。
ダメじゃねえかそれ。
「失敗しないので」だから。さあいきましょう。
それでは見事載りましたら大きな拍手お願い致します。
いきましょう!どうだ!
ちょっと待ってください。
よいしょ…。
危ない危ないドキドキする。
ちょっと待って。
ギターは初めてだから。
これ危ないから。
初めてだからホントにお客さん。
落ちたら受け取ってくださいよ。
ごめん。これ高いやつだからね。
高いやつこれ。
これ万が一お客さんのところバ~ンと落ちてこれお客さんケガしたらYahoo!トップニュース載っちゃうから。
嫌だ嫌だ。
トップ絶対載るよ。
ホント?載らないでしょ。さあじゃあさっきにも言ってましたがあれしましょう。
僕がせ~のって…。じゃあ『お笑い』って言いますので皆さんで『演芸館』とかけ声をかけてください。
皆さんのパワーであごの上に載せましょう。
いきますよ。
『お笑い』…。
『演芸館』!
どうだ!
やった~!
やった~!
やった~!
やったやった!やった~!
やったー!
よかった。よかった。ありがとう。
落とさなくて済んだ。よかったよかったよかった。
「なんでだろう~なんでだろう~」
「なんでだなんでだろう~」
「オオオオ~」
「なんでだろう~なんでだろう~」
「なんでだなんでだなんでだなんでだろう~」
「オオオオ~…」
どうもありがとうございました。

テツandトモの動画

テツandトモの動画やグッズ