アンバランスの漫才「メルカリ」の台本書き起こし

お笑いコンビ:アンバランス
太田プロダクション所属
1992年結成
ボケ担当:黒川忠文(くろかわ ただふみ)
ツッコミ担当:山本栄治(やまもと えいじ)

アンバランスの漫才「メルカリ」
にちようチャップリンより

アンバランス「メルカリ」

セリフ左:黒川忠文
セリフ右:山本栄治

どうも。アンバランスでございます。
よろしくお願いします。
点数諦めて思い出作ります。
ある意味吹っ切れていけるもんね。
どうしたどうした…えっ?
なに?
何があってんっていったい?
だからいろいろあったっていう。
いろいろいろいろあったよ。
ジャケットどうした?シャツどうした?袖どうした?袖。
いやいや俺アンバランスとしてほら頑張ってきたやん。
ただここ1年活動芳しくなかったやろ?
まぁ厳密にいうとここ10年やけどな。
なんで1年って言うてるかわからんけども。
この1年テレビなに出た?
えっ?「チャップリン」と…。
「チャップリン」と?「チャップリン」。
「チャップリン」だけやがな。
ホンマや。「チャップリン」だけや。
でどうしてん…どうしてん?
いやほら俺家族あるやんか。
うん。
生活していかなアカンから…。
から?
メルカリで…。
売ったん!?
ジャケット売ったん?
うん。
シャツ売ったん?
売った。
袖売れたん?袖売れたん?
いやいやこれ綿やけどな。
素材のこと言うてるんちゃうねん。
綿かウレタンかって聞いてるんちゃうねん。
売れたのかって聞いてん。
売れた売れた…。
どこの誰が買うてん?
群馬の誰かが。
群馬の誰か袖どうすんの?
なに使うん?
わからんけども売れたんやもん。
どうすんねん…じゃあこれどうすんねんな。
まぁまぁ確かになコンビは足並みそろえていかなアカンのに。
そうやどうすんねんそれ。
えっ…。
コンビやろ俺ら。
うん。
もぉ…。
えっ…。
2人で27年一緒にやってきたやろ。
うん。
いつでも一緒や。(ジャケットを脱ぐ)
いやいや…。
いつでも一緒。
ちょっ…えっ。
なんか中途半端なネクタイになってるけど。
いつでも一緒や。
コンビや。足並みそろったやろ?なっ?
相方…。
これでいいやろ?(シャツの袖を破る)
これで…これで足並みそろったやろこれで。
いやもうなんて言っていいやらもう。
ええねんそんな。
申し訳ない。
あとはもう左右のバランスや。
お前なんか変やろこっちがないし。こっち。
こっちもいっとけこっちも。
なになに…。
あぁ!
こっちも取れ!こっちも取れ。
これでこれで…。
これメルカリ売れ。これ全部メルカリ。
メルカリ売れこれ全部。
いいのいいの?
全部売れメルカリに。
うわぁありがとう。助かるわ。
よしこれでネタやるぞこれで。
あぁごめん!
なんやねんどうしてん?
ネタできへんねん。
なんでできへんねん?
メルカリで…。
売ったん?
うん。
俺が頑張って
作ったネタ売ったん?
売った。
どこの誰に売ったん?
インドの誰かに。
インドの誰か?
インドに漫才の文化ないのに?なぁ。
いくらで売ってん?俺のネタ。
500ルピー。
それ日本円でいくらやねん?
758円。
やっすい値段で売ったな俺のネタを。
いや1万から始めたんやけど…。
だいぶ下げられたやないの。
申し訳ないホンマに。
じゃあもうしゃあない二次案や。
二次案?
それしゃあないその漫才の権利はインドの誰かにいってもうてんやからな?
ちょっと違う漫才…。
違うネタなうん。
でもうだらしないから。
なに?
シャツをちゃんとこう入れとけ。
ごめんなさい入れる。
なんだこのキラキラキラキラしたやつは!
ドルチェ&ガッバーナ。
それ売らんかい!
どうもありがとうございました。

コメント