U字工事の漫才「ごめんねごめんね」の台本書き起こし

スポンサーリンク
お笑いコンビ:U字工事
アミー・パーク所属
2000年結成
ボケ担当:益子卓郎(ましこ たくろう)
ツッコミ担当:福田薫(ふくだ かおる)

U字工事の漫才「ごめんねごめんね」
にちようチャップリンより

U字工事「ごめんねごめんね」

セリフ左:福田薫
セリフ右:益子卓郎

どうもよろしくお願いします。
我々U字工事といいまして出身地が神奈川…。
ごめんなさい栃木県なんですけども。
なんで神奈川って言いそうになったんだ。
ばりばり栃木だべ。
悪いね。
我々はですね今年40歳になりましてね。
僕考えてるのが10年後か20年後は副業なんかをやりたいと考えているんです。
あっ確かに。浅草の師匠とかね。
自分のお店やってる方いるもんね。
俺がやりたいのはね本人が働くバーですよ。
バー?
そう益子が働く…一流芸能人益子が働くバー。
自分で言うんじゃないよ。
お前の店にお客さん来っかな?
来っぺや。
飲み来てくれよ。
わかった。
あっここか!「バーごめんねごめんね」。
懐かしいフレーズだな。
ガチャ。
いらっしゃいませ。
あっ本人いるんですね!
どうもどうもどうも。
え~!
大丈夫だよ後でちゃんと謝るから大丈夫…。
そんな求めてないんですけど。
落ち着いてね。
なんか飲む?
じゃあバーなんでなんかオススメのものを作ってもらってもいいですか?
作るよ。
ねえやっかんね今ね。
あっなんか結構本格的じゃないですか?
すごい!かっこいい!
俺のこういう姿はなかなか見れねえからフアンは喜ぶんだよ。
フアンは。
おう。
へぇ~。すごい速い速い!速いっすね!
お~決まってる。ほう。
なめこの味噌汁です。
いやおかしいだろ。
シェイカーで何作ってるんですか。
まあ冗談です。
これはねイチゴをベースに作ったリキュール。
確かに色が赤いですね!
そうそう栃木のイチゴで。
名産が入ってるんだ。
喜ぶんだみんな。
じゃあこの上にかかってる白い粉。これなんですか?
我々これかんぴょうの粉末…。
いや合わないだろ。
無理やり名産使わなくていいですよ。
栃木だから。
そろそろ例のあれ聞きたいですね。
例のあれ?
「ごめんねごめんね」ってやつ生で言ってもらってもいいですか?
言うのは簡単だけども飲みに来てるんだからそっちでそういう流れを作って自然と言わすんだよ。
僕ちょっと野暮でしたね。
そうだよそれが飲みニケーションだっぺオメエ。
すみませんすみません。
やってくれよ…流れをね。
いや~この店メチャクチャ狭ぇな。
よくこんな狭い店でやろうと思ったよな。
ああ居心地悪ぃ!
おいちょっと待てよおい。
はい?
狭ぇってなんだ…。
いやいや店が狭いから?
狭いから…居心地悪いってなんだこの野郎。
狭いから?
お客さんに?
なんだよ…。
お?
いや…流れじゃないですか!
流れってなんだオメエ!
俺が芸能一生懸命やってきてやっと始めた店なんだよ!
これで喜んでくれたお客さんもいるんだよオメエ。
そういうお客さんにも失礼なんだよ。
侮辱してるんだよ。
1杯飲んだだけでなんだその口の利き方はこの野郎。
すみません。
(怒鳴る)
本当にすみませんでした。
とか言っちゃってごめんねごめんね~。
怖っ!
ごめんねごめんね~。
ごめんねごめんね…。
怖い…。
いや怖いです怖いです。
全然笑えないです。
マジでパンチ入ってましたし。
これがね…。
これが芸なんだよ。
芸じゃないと思います。
これが芸ですから。
怖いんで僕もう帰ります。
帰る?はい1万円。
1万!高っ!
カクテル僕1杯しか飲んでないのに。
カクテルとあと「ごめんねごめんね」…。
そこも金とるのか。
いいかげんにしろ。
どうもありがとうございました。
スポンサーリンク

コメント