どぶろっくの歌ネタ「もしかしてだけど」の台本書き起こし

お笑いコンビ:どぶろっく
浅井企画所属
2004年結成
ボケ担当:江口直人(えぐち なおと)
ツッコミ担当:森慎太郎(もり しんたろう)

どぶろっくの歌ネタ「もしかしてだけど」
お笑い演芸館より

どぶろっく「もしかしてだけど」

セリフ左:森慎太郎
セリフ右:江口直人

ありがとうございます。
どうもありがとう…。
というわけでご紹介に預かりましたむっつりスケベの森です。
がっつりスケベの江口です。
どぶろっくです!
会場にはたくさんのかわい子ちゃんがいらっしゃってます。
この歌を素直になれない全ての女の子たちに捧げます。
聴いてください『もしかしてだけど』。
「もしかしてだけどもしかしてだけど」
「それってオイラを誘ってるんじゃないの」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「それってオイラを」
「誘ってるんじゃないの」
「もしかしてだけどもしかしてだけど」
「一発目からネタを忘れちゃったんじゃないの」
ありがとう…。
違います違います違います違います!
調子にのってんじゃないよホントに…。
何いい気分になってるんですか。
すいません…。
致命的なミスですよ!
すいません。
一発目から間違えるなんて。
まあね。
なかなかないですよねこんな事ね。
一発目ですよ。
まあねこれもご愛嬌という事でね。
こういったねちょっと手の込んだつかみをやらせて頂きました。
もう一回…。
じゃあ改めて…。
改めていきましょう。
改めていきたいと思いますんで。
もう一回いきますよ。
よろしくお願いします!
それでは聴いてください『もしかしてだけど』。
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「それってオイラを」
「誘ってるんじゃないの」
「美容室の割引チラシ」
「駅前で配ってる女が」
「こんな俺にもチラシをくれたんだ」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「俺の胸毛をシャンプー」
「してみたいんじゃないの」
「コンビニのレジで女の店員が」
「お釣りを渡してくれたけど」
「明らかにお釣りの額が足りないんだ」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「俺との将来のための貯蓄に」
「回されたんじゃないの」
「寒い朝バスを待ってたら」
「隣に立ってる女が」
「自分の手に息を吐きかけてたんだ」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「俺に話しかける前に」
「口臭チェックしてるんじゃないの」
「ピザを頼もうと宅配ピザ屋に」
「電話したら女の店員が」
「生地はどうしますかと聞いてきたんだ」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「配達の時のパンティーの生地を」
「選んでほしいんじゃないの」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「もしかしてだけど」
「どいつもこいつも」
「抱かれたいんじゃないの」
「そういうことだろ」
サンキュー。
ありがとうございました。
ありがとうございます。ありがとうございます。
そちらにおい嗅いで頂いて…。
いいですよご自由にしてください。
ああ…!
いやいやいやいや頭でいっちゃいました…。
東洋館のお客さんはホントにねお目が高いですねホントね。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
改めてどぶろっくといいましてね。
男の気持ちをストレートに歌にするっていうそういうコンビですけどもね。大丈夫ですよね?
テツトモさんとかと勘違いしてないですよね?
それで沸いてるわけじゃないですから。
テツandトモさんは「なんでだろう」ですけどこっちは「もんでだろう」…。
やってないですから!
そんな芸風じゃないですよ。
勘違いしてないですよね?
違いますよ。今日はね豪華なね出演者いっぱい出てきますので…。
音楽ネタ祭りみたいな感じですからね。
というわけでね皆さんと一体になったところなんですけども…。
一つになったところで次が最後の曲となってしまいました。
残念ですけどもねありがとうございます。
最後はですね我々の身に降りかかったとんでもない悲劇を歌にした…。
我々が犯してしまったとんでもない過ちをね歌にした…そんな歌です。
じゃあそれを最後に聴いて頂きましょう。
聴いてください。『やらかしちまった』。
「やらかしちまったやらかしちまった」
「どうしてこんな事になったのか」
「やらかしちまったやらかしちまった」
「自分で自分が許せねえ」
「電車の中声殺して泣いた」
「あ~!ここは女性専用車両」
「あ~!ここは女性専用車両」
「次の駅はまだまだ遠い」
「やらかしちまったやらかしちまった」
「また同じ過ちの繰り返し」
「やらかしちまったやらかしちまった」
「俺に生きる価値などありゃしねえ」
「家の玄関で声上げて泣いた」
「あ~!」
「チャリで出かけたのに歩いて帰ってきた」
「あ~!」
「チャリで出かけたのに歩いて帰ってきた」
「次の日行ったら撤去されていた」
「くそったれのやらかし人生」
いくぞー!
「台所で水を出したら」
「スプーンに跳ねてこの辺水浸し」
「レンジでおかずを温めてるのを忘れたまんま」
「ご飯食べ終わった」
「カーナビどおりに走っていたら」
「乗りたくないのに高速乗せられた」
「リモコンの電池交換してたら」
「古いのと新しいのわからなくなっちゃった」
「トイレの便器につばを吐いたら」
「糸を引いて便器と繋がった」
「病院のトイレでうんこ流そうと押したボタンが」
「看護師呼ぶやつだった」
「あ~!」
以上どぶろっくでした。

コメント