千鳥ノブのすべらない話「巨大イノシシロケのディレクター」の書き起こし

お笑いコンビ:千鳥
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
2000年結成
ボケ担当:山本大悟
ツッコミ担当:早川信行(ノブ)

千鳥ノブのすべらない話「巨大イノシシロケのディレクター」
人志松本のすべらない話 第33弾より

千鳥ノブ「巨大イノシシロケのディレクター」

セリフ左:ノブ

あのもうホント千鳥はもうロケをすごいやってて
でもうねロケ色々やってたらいろんなディレクターさんがいらっしゃって
ほとんどいい方なんすけど中には撮れ高の亡者みたいな。
でだいたい局員さんディレクターじゃないんすよ。
フリーでやってる。ここでおもろVを上に献上しないと次来ない。
絶対におもろいやつを撮るぞがもう朝から目血走ってるタイプのディレクターさんいらっしゃいまして
で大阪なんですけど
まず朝6時ぐらいに行ったらロケ車に座ってたらガランと開いて
「千鳥ちゃん元気?」みたいな。
「おもろいのいこうよ」みたいなんで
乳首コリコリコリってしてくるんですよ。
こいつじゃおもろいの撮れんよ。
撮れんよなんぼしてもっていう。
でそのまた企画がヤバくて
何か丹波の山奥に…兵庫県の丹波の山奥に巨大イノシシがいるっていうの。
でそれを見に行くっていうロケやったんですけど
その道中とかももう何もないじゃないですか
別に山道普通に歩くだけやから。
もうカンペで「何かおもろいこと」とか。
うわっきついな。
大悟とケンカノリみたいなんしたりして「うわ~」ってやって「何しとんじゃ」
「こんなとこ使わんやろ」みたいなことを言って
パッと見たら全然笑ってない。
何か「他ありますか?」とか。
いかつい「これはどうなる?」みたいな。
でそのままロケ続いててで山奥入っていったら巨大イノシシいたんですよ。
めちゃくちゃでかいんすよ。
もう遠目に見たらワゴンRぐらいあるんです。
「おい大悟おったぞ」ってなったら
そのディレクターがカンペで「触ってきて」って。
もう亡者だから。
もう何か起これと思って。
何かイノシシ×千鳥でおもろいことが起これ。
「いやあれはヤバいよ」とか言いながら俺が触ってこいみたいになって
で恐る恐る行ったんすよ。
したら俺らにパッと気付いてその巨大イノシシがうわ~って突進してきたんすよ。
もう遠目に見たらワゴンRなんすけどこの辺に来たらアルファードなんすよ。
8人乗りぐらいがうわ~っと来て危ないと思って逃げようとしたら
俺枯れ葉で滑ってこけたんすよ。
で大悟助けてくれと思ったら大悟もビビってるから
「あかん」っつって俺の動脈踏んで逃げていったんですよ。
それイノシシより危ないからと思って
危ないってなってうわってなったら
イノシシがギリギリ横をずわ~っと通って危なかったなと思って「おい大悟何しとんじゃ」
「俺のここ踏んで逃げていくな」とか言って
パッとディレクター見たら「OKです」って。
「撮れ高OKです」って出してるんですけどもそのときの顔が
ロンした後の雀鬼みたいな。

その他の、人志松本のすべらない話はこちら

コメント