プラスマイナス岩橋のすべらない話「桑田真澄」の書き起こし

お笑いコンビ:プラスマイナス
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
2002年結成
ボケ担当:兼光タカシ(かねみつ たかし)
ツッコミ担当:岩橋良昌(いわはし よしまさ)

プラスマイナス岩橋のすべらない話「桑田真澄」
人志松本のすべらない話 第35弾より

プラスマイナス岩橋「桑田真澄」

セリフ左:岩橋良昌

先日にですね相方の知り合いの方のパーティーみたいなのに呼ばれまして。
おっきなおっきなホテルの宴会場みたいな。
パーティールームみたいなとこやったんです。
で円卓がいっぱいあって。
人もいっぱい集まってたんです。
でたいそうに僕の座ってる前にも「岩橋さん」みたいな名前のプレート置いてくれてはって。
僕の横見たらまだ座ってなかったんですけどもそのネームプレート置いてるんですよ。
ほんで見たら桑田真澄って書いてて。
「えっ!?」と思って。
「桑田真澄さん来るの?」って。
僕も野球やってましたしむちゃくちゃテンション上がってきて。
「本物かな?」みたいな感じもあったんですけど。
ほんで司会の人が「それではあちらの扉をご覧ください」
「元読売巨人軍の桑田真澄投手の登場です」
ばーんって扉開いて。
本物の桑田真澄さんが出てきたんですよ。
みんな「うわぁ」ってなって。
桑田さんもこういう感じなんですけど。
僕すごいな思ったんが桑田真澄さん。
さすがスターやなと思ったんですけど自分専用の出ばやしみたいな登場曲みたいな。
自分だけの。僕らは聞いたことない。
自分だけの曲みたいなのが同時にかかったんですよね。
それが「桑田桑田桑田」
「桑田真澄の」
「桑田桑田桑田」みたいな曲なんです。
桑田さんがこうやって入ってきます。
みんな「おおっ!」って。
「桑田や!」ってなって。
ほんで僕の隣まで来はったんです。
「うわぁ!」と思って。
ほんで僕の隣でこうやってはって。
着席されたんですね。
ほんで「近っ」と思って。
「桑田真澄。横おる」思って。
着席されたんですけど「桑田桑田桑田」
「桑田真澄の」って鳴ってるんで
桑田さんもう1回立って「すいませんすいません」
「ありがとうございます。ありがとうございます」
「すいませんすいません。ありがとうございます」って
座られたんです。で座ったんですけど
「桑田桑田真澄の」
「桑田桑田桑田」って鳴ってるから
もう1回「すいませんすいません」
「ありがとうございます。すいませんすいません…」
ほんで座られたんです。座れた。
座ったんですけど「桑田桑田真澄の」
全然曲が鳴りやまないんです。
ほんで桑田さんもしびれ切らしてスタッフ呼んで
「僕も着席してるから。曲流れてたらずっとこっち注目されるんで曲を切ってもらえますか?」って桑田さんが言いはったんです。
ほんだらスタッフの人が「申し訳ございません」みたいな感じで。
で上のスタッフルームみたいなとこに合図したんです。こうやって。
スタッフもアホなんですかね?だんだんゆっくり
真っ暗になったんですよ。
照明が。
真っ暗の中「桑田桑田真澄」
桑田さんのすごい舌打ちが聞こえてきましたっていう話です。

その他の、人志松本のすべらない話はこちら

コメント