兵動大樹のすべらない話「まるむし商店と桂文珍」の書き起こし

お笑いコンビ:矢野・兵動
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
1990年結成
ボケ担当:兵動 大樹(ひょうどう だいき)
ツッコミ担当:矢野 勝也(やの かつや)

兵動大樹のすべらない話「まるむし商店と桂文珍」
人志松本のすべらない話 第35弾より

兵動大樹「まるむし商店と桂文珍」

セリフ左:兵動大樹

吉本なんばグランド花月っていう劇場がありまして。
楽屋が3階にありまして。
結構ソファが並んでてそこに行くと大師匠から兄さんとか後輩とかとみんなしゃべるスペースがあるんですけど。
そこによく先輩でまるむし商店さんっていう方いらっしゃいまして。
東村さんっていう方がずっとうろうろしてはるというか徘徊に近いぐらい。
誰か見つけたら駄じゃれを言いにきはるっていうノリがあるんですね。
ほんでもういうたら何ですかね。
楽屋なのに急にポケットからたわし出して「ごしごし?」とか言うてくるんです。
「ありがとうございます」みたいな。
後輩何とも言えないんで「ありがとうございます」みたいな。
「ごしごし?」言うて
「たわしバカよね」って言われて「ありがとうございます」って。
ほんで取りあえず逃げよう思てソファ座ったんですね。
東村さんもソファの横に座りはってずっと駄じゃれを言うてきはるんです。
ずっと聞いてたら「そうですねそうですね」って言うたら
ちょっとテンション上がった東村さんが足をソファの上に上げるというか足を乗せてしまった。
一瞬だけなんですけど。
乗せてしまったその一瞬を出番に行きはる桂文珍師匠がそれを目撃して。
その足上げてる瞬間をかって見はってすごい低い声で「椅子」って言いはったんです。
椅子に足上げたら行儀悪いやろっていう。
でそのロビーぴりってなって。
みんなしんってなって。
僕も一緒に座ってるから同じように怒られてるみたいな感じになって。
しんってなったら文珍師匠が行くせったの音だけがかすかすかすかすって聞こえてたんですけど東村さんが
出番へ行きはる文珍師匠の背中に向かって「スリッパ」って言うたんです。
で「えっ?」ってなって。
「椅子」
「スリッパ」
しりとり始めてるってなったんです。
「どんな心臓してんの?」ってなって。
「えっ!?めちゃくちゃ怖いんですけど」ってなったら
文珍師匠ぴたって止まってぐーっ見て
「パンパース」って。
「すてきな楽屋やな」思て。
びっくりしました。そういうお話です。

その他の、人志松本のすべらない話はこちら

コメント