小籔千豊のすべらない話「ふぐり」の書き起こし

お笑いコンビ:小籔千豊
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
活動時期:1993年~
元ビリジアン

小籔千豊のすべらない話「ふぐり」
人志松本のすべらない話 第33弾より

小籔千豊「ふぐり」

セリフ左:小籔千豊

あの僕…あるゴッドハンドの先生というか。
マッサージというか整体というかそこはもうホント独特で。
普通じゃない治し方を。
普通じゃない治し方をしてくれる所というのを聞いて行ったんですけどホントすごいんですよ。
詳しくは言えないんですけどホントにもう見ただけでどこが悪いか分かるようなぐらいの。
まあ例えば腰が痛いって言っても全然腰もまないんですよ。
全然ちゃう所グッ押してきて。
でえっ?ってなってそれでちょっと緩和するというか。
もう普通じゃないゴッドハンドの所に行かしてもらってたんですけど。
そこを何回か行ってるときに
「僕よりすごい先生います」というか。
「僕とは違ったアプローチをする先生で…」
「僕よりもだいぶ年上で…」そのゴッドハンドもはっきり言って60は超えてはるんですよね。
下手したら70いってるかも分からない。
でもその方があの人はすごい大先輩っていうかまあ例えば80とかの先生なのか分かりませんが
「そういう方もいらっしゃいますがご興味あったら」
って言うてくれたんでじゃあちょっとすいませんぜひお願いします言うてスケジュール合わして来てくれはることになったんです。
そこの医院に。
それがまた別室のホントに個室みたいな所に入ったらそのいつものゴッドハンドの先生はこちらにいらっしゃって
で僕は椅子の所にこう座ってるんですね。
ほんでどんな感じの方が来るんかなと思ったら
「何となく仙人みたいな人です」って言われたから仙人みたいなの来んねやと思っててまあちょっと緊張してたんです。
結構格闘技の流れみたいな感じやから。
格闘技のお弟子さんみたいなんも連れてきはってパッて仙人来はったんですよ。
あっ!何となく聞かされてるからすごいオーラでこのゴッドハンドでもたいがい偉いのにもっと偉い人かと思ったらすごい緊張したんですね。
後ろにこんな肩も首も太い僕よりちょうど年下の2人の弟子みたいなのが来てすごい顔は笑顔やけど胸板こんなん。
ケンカしたらめちゃめちゃ強いみたいな2人従えてるんですよ。
で今日お願いします。
「ああそうですか」
お願いします。
ほんで「どういうふうなとこが痛いの?」
腰とかそんなんですかね。
「ああ分かりました」
「じゃあ椅子座って」みたいな。
仙人は東京弁です。
ほんで「おい足太もも押さえとけ」みたいな感じで後ろの仙人が言うんですよね。
ほな弟子たちが僕の太ももこうやってガッて押さえるんです。
でこの…何となく肩を持って上に僕を持ち上げるみたいな感じのことをしたかったんやと思うんですけど。
ゴッドハンドおって弟子2人はもうこの距離でここに…。
優しい顔してますがむちゃくちゃ怒ったら怖そうな2人がこうグッと押さえてるんですね。
後ろに回って「はいいくよ力抜いて~」みたいな。
わっ!って上に上げようとした瞬間に「あっ!」って言ったんですよ仙人が。
めっちゃピーンってした中で「あっ!」って言ったから
えっ?ってなって僕は「あっ!」ってなったからえっ?何?ってなったんですよ。
ほんならパッて見たら2人とも何か心配そうな顔してるしこっちも…。
「あ~…」って言ってるから
振り返ってええんか分からんけど足持たれてるから。
大丈夫ですか?みたいな感じでこうパッて見たらその80歳ぐらいの仙人が股間押さえてうずくまってたんですよ。
思ってたんとちゃうかったからちょっと笑けますけどピーンってしてるから笑ったら駄目じゃないですか。
「つぅ~…」っつって。
で僕ああって言ったら
「ふぐりが…」って言ったんですよ。
ちっちゃい声で。
まあ金玉のことを昔の言葉で言うと「ふぐり」
僕も漫画とかでは見たことあるんですけどその口語で実写で「ふぐり」って言ってる人見たことない。
ご高齢やからあれなんですけど偉い人がうずくまっててえっ何や?と思ったらちっさい声で
「ふぐりが…」って言ったんですよ。
僕もうパッて前向いて。
あかん見てたら絶対笑うてまうわ。
ここに弟子こないして押さえてるほんで弟子も押さえながら「大丈夫ですか?」みたいな顔してるんですよ。
ここに。
でもう「ふぐりが…」って言うてたからあか~んと思ってもう全然…虚空を見詰めてるわけですよ。
あか~んと思って。
「ああ…大丈夫大丈夫」みたいな。
「つぅ…」って一瞬大丈夫になって僕の脇を持とうとしたんですけどやっぱ痛かったんでしょうかね。
持ったのに「つぅ…ああ…」っつって。
結構長いこと痛がってるんですよ。
あかんこれ絶対笑うてまうわ思ったときにここで何かみんながシーンって見てるから照れ隠しもあったんか分かんないですけど
「あ~…」って。
仙人が「てめえでふぐり痛めてりゃ世話ねえわな」って…。
これ何のツイートやねん!何のツイート!?
めちゃめちゃ偉い80がふぐりの後に何言うんかな思ったら
「てめえでふぐり痛めてりゃ世話ねえわな」って…。
何のツイート?これ。
つぶやきすごいな思ってめっちゃ笑いそうになってたんですよ。
ほんであっか~ん思ってここの2人の弟子も「あっ…」みたいな。
「大丈夫ですか?」みたいな。
何か言葉掛けたりとかしたらええのにまあ偉過ぎてか分からないですけど押さえたまま…みたいな。
何とかしてよと。
ほんならまだずっと痛がってる。結構長かったんですよ。
あっ!と思ったとき僕こっちのゴッドハンドは何でも治せれるわけなんですよ。
ってなったら何かここ押したらいいですよとかそういうツボ?
腰治したりすんねんから痛みが和らぐ何かこの辺とかないんかいなと思ってパッてゴッドハンドの方見たんですよね。
ほんでゴッドハンドも…ってなってるんですけど
結構長かったから「じゃあ先生あのそれやったらね」っつってゴッドハンドが仙人に話し掛けたんです。
よかった。何か治す方法言うてくれるんかと思ったら「あっ先生いやそんなに痛いんやったらちょっとジャンプしてみたらどうですか?」って。
いや治し方普通!と思って。
そんなゴッドハンドやのにアドバイスめっちゃ普通。
「跳んでみたらどうですか?」いやそれは俺でも知ってるし。
パッて見たら仙人がぴょんぴょんって。
ホンマにゴッドハンドか?みたいな。

その他の、人志松本のすべらない話はこちら

コメント